各種障害放射のお話しは、ここからは、代表のジオパシック・ストレスのお話しに換えたいと思います。

 先日のテレビで本当にたくさんの方が、この言葉を知っていただいたことと思います。日本ダウザー協会の堤裕司会長も言っておられましたが、日本ではじめてあの番組が取り上げたそうです。これからの文章はブログに最初に記事にしましたのですが、その際実にたくさんの方が、ジオパシック・ストレスについてアクセスされた結果が出ております。

 

 ジオパシック・ストレスは、多くは地下水脈や断層や地層の上に住むことで癌などの病氣になりやすいというものでした。

    ガンの家

ここからは、具体的にお話ししたいと思います。ドイツには、「ガンの家」ということばが古くからあります。ドイツは、石造りの家が、多いため、親子代々(おじいちゃん、お父さん、お孫さんなど)同じ寝室を使うことが、よくみられます。人間は、どなたも毎日必ず睡眠をとります。人によっては、4時間の人もあれば、8時間、またそれ以上の時間をとられる方も多いと思います。人の一生のうち最も滞在する場所(時を過ごす場所)が、寝室ということになるわけです。もし、その寝室のベッドや布団の下にジオパシック・ストレスが存在していたら、人によっては、数ヶ月または、1年間くらいでガンになってしまうこともあります。

先日のTVを見られた方は、思い出して下さい。番組のなかで、あるお父さんが、インタビューに答えるかたちで、証言されておりました。結婚して自宅を離れた息子さんが、ガンを発症しました。幸い早期発見でしたので、Drも「早期発見です。生命の危険は、ありません。心配はいりません。」と診断されたにもかかわらず、その息子さんは、短期間で死亡してしまった。 という内容でした。

ジオパシック・ストレスのことを息子さんの死後に、新聞の記事で偶然知って放射感知術(ダウジング)で、調べてもらったところ、お嫁さんの寝ていたベッドでは、反応しなかったが、亡くなった息子さんのベッドでは、ジオパシック・ストレスの存在を認めた というものでした。

 

 そのジオパシックストレスの種類の中に、じつは宇宙から到達するのものがあります。「ハルトマンネット」「キューリーネット」と呼ばれるものです。これらは南北に対して平行だったり45度の角度を持ったひし形だったりと地磁気と深い関係があります。ハルトマンネットは常に一定ですが、キュウーリーネットは、たえず動いております。

例えば特にハルトマンネットとハルトマンネットの交点に地下水脈 が重なる場所に、からだの一部がのっている場合などは、要注意になるわけです。

きょうび、確かにジオパシック・ストレスは、病氣の原因になります。しかし、簡単に守る方法もありますので、それを、書きたいと思います。。お金のかからない方法としては、諸外国でもこの方法をとる場合が多いですが、寝室のベッドの位置を変える(日本でしたら布団を敷く場所を変える)という方法があります。これだと、お金は、まったくかかりません。ただ、他の家具とのかねあいがあると思いますが・・・・・。当院もこの方法を、まず、おすすめしております。この方法だと、まったく無料でできます。現在おみえの患者さんが、2人この方法で、以前には考えられないくらい熟睡していると、本日もお聞きしました。そうなのです。ジオパシック・ストレスが、存在していると不眠になる方が多く見られます。自宅以外では、よく眠れる場合などは、その存在を疑ってみることも大切となります。

 

また、もう一つこれは、少しだけお金がかかりますが、使用するのはエマージェンシーブランケット(サバイバルブランケット)やサバイバルシートや非常用アルミ毛布等の名前で、呼ばれる特殊加工(アルミ蒸着加工)したポリエステルフィルムです。よく特に、アメリカなどで大きな災害などが起きた場合に、TVの画面の中で、救急車に収容されるのを待っておられる負傷者が銀色のシートにくるまれて道路などに座り込んでいるのを見かけた方が、おられると思いますが、あのシートのことです。このシートを布団の下やベッドのマットの下に引くことによりジオパシック・ストレスから守るという方法があります。ジオパシック・ストレスからの不正なエネルギーを反射させて守ろうとするものです。他にもいろいろな方法でジオパシック・ストレスを中和することは可能です。

2014/06/04 ここからは、文章を改めて追記しております。
上に記したブランケットは、冬は、温かくてすごく重宝するのですが、夏は、とても暑くて出来ないという方に、お薦めの物があります。

ただ、ここからは、芝下個人の経験則からのお話しになります。


特に、日本ダウザー協会の堤裕司会長は、下記の青文字に筆記しましたように認めていません。
ジオパシック・ストレスには、性質や種類によって中和する物質を使い分ける必要があり、万能のものは存在しません。


以上の点を踏まえてお読み続けて頂きたいと思います。

木炭(炭のジオパシック・ストレスへの中和効果は、あるものとないものがあります。紀州備長炭の正規品は、お薦め出来ます。)でも同じ事が出来るようです。その場合は、あらかじめ袋を4枚縫っていただかないといけません。裏返しにした日本手ぬぐいを、二つ折りにして、左端と右端を縫っていただくのですが、その際注意が必要です。糸は、綿の糸を使って下さい。ここで化学製品の糸を使うと、自然界の備長炭の力を、取ってしまいますので、力を十分発揮してもらうためにも、綿の糸が最良です。4枚縫い終わったら、ひっくり返して下さい。そこに、備長炭を入れて、口を縛ると、大きな埃などは、袋の中に入らないので長持ちするからです。インテリヤでオブジェのように、置く方法は、備長炭の空き室が早く埋まってしまうため、お勧め出来ません。口を縛って就寝時に部屋の四隅(経験則から、四隅で休んでみて何も変化しないようなら布団の四隅に炭を近づけて下さい。疳の虫出しにみえたり相談にのらせてもらった多くのお子さん達が、ぴたっと症状がおさまったのを経験しているからです。)に置く事により、守ってくれるようです。入れる備長炭の量は、一袋に500グラム以上が、経験からよろしいようですが、場合によっては、もっとたくさんの備長炭を必要とします。

備長炭が、手に入りにくかったり、もっと手軽に何かないかとおっしゃるあなたには、下記のEMXセラミックパイプ35(2個セット)を2セット4本を買い求めて、寝室の部屋の四隅(経験則から、四隅で休んでみて何も変化しないようなら布団の四隅にEMXセラミックパイプ35を近づけて下さい。疳の虫出しにみえたり相談にのらせてもらった多くのお子さん達が、ぴたっと症状がおさまったのを経験しているからです。)に置いて下さい。また、パソコンの近くなどに置いて使うと、電磁波に傷められている方には、御自身の身体が喜ぶのが実感出来てその良さがわかるようです。

また、ハイブリッドカーや電氣自動車が普及してきておりますが、このスペースメートを運転席や助手席や後部座席の下や下が無理なときは、座布団の下にでも入れていただくと不調氣味の方などは、調子が良くなるようです。(患者様との臨床経験の中で、他の医療機関で原因不明とされていた頭痛や全身の倦怠感や厳しい腰痛や坐骨神経痛等の手当中にハイブリッドカーや電氣自動車に買い換えた後などに始まっている事を経験し、試しに座布団の下に敷いて頂く方法などで症状が、劇的に軽減したり消失したりしたことを多数経験しているからです。)


 

備長炭とEMセラミックが、ジオパシック・ストレスには、効果的であるとは言えない、と考えている。私は、海外の多くのダウザーの経験則を紹介しているので、特定の商品の宣伝には、荷担しません。

(2014年6月4日   日本ダウザー協会会長 堤裕司) 



ということで、ブランケット以外のEMXセラミックの以下の2商品は、芝下個人の臨床
経験に基づいての経験則からのご案内と致しております。


どうぞ、その点を踏まえてお使いになって下さい。






 今、すぐ欲しいというあなたの為に、下記にアマゾンへの橋渡しを置きました。よろしければお使い下さると幸いです。

  タイトルイメージ
本文へジャンプ      院開設  1992/04/05    ホームページ開設 2007/09/23 
 
 芝下鍼灸整骨院へメール
芝下鍼灸整骨院への問い合わせは、青いポスト君をクリック
三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿780−30   電話 0735−32−3123
24時間予約受付中
です。パソコンは、こちらをクリック。携帯・スマホは、ここをクリック。

ジオパシック・ストレスその3  
 







 

















              





































































   
   
  



 

















      






















































































































                 





      
                 




 今、ハイブリッドカーや電氣自動車が普及してきておりますが、これから大きな問題になる
のが
電磁波だと自分は、思っています。下のスペースメートを、運転席や助手席や後部座席
の下や下が無理な時は座布団の下にでも入れていお使いただくとても良いようです。




     
                 











    その2にはBACKにてお戻り下さい。

                              



               

           

                  芝下鍼灸整骨院へメール

 
芝下鍼灸整骨院への問い合わせは、青いポスト君をクリック
  三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿780−30   電話 0735−32−3123
24時間予約受付中です。パソコンは、こちらをクリック。携帯・スマホは、ここをクリック。




               ジオパシック・ストレスその3のトップへ  ジオパシック・ストレスその2へ  ジオパシック・ストレスその4へ  熊野・紀宝町の芝下鍼灸整骨院ホームへ


                          
       
                     更新日 : 2017/09/03  23:38:50

              ©2007-2017  shibashitashinkyuseikotsuin All rights reserved


       


                              




    English Here